橈骨神経とは?

2017/01/02カテゴリー:撓骨神経麻痺 , 症例コラム


橈骨神経(とうこつ神経) は腕に走る大きな神経のひとつで手首を伸ばしたり、指を伸ばすなどの伸展の動きや手首を右にひねる、回外(ドアノブをまわすのと反対の動き)という動きを支配している神経です。また感覚を感じる働きをする感覚神経でもあります。

腕に走る大きな神経は他に、正中(せいちゅう)神経、尺骨(しゃくこつ)神経がありますが、橈骨神経は非常に障害を受けやすく、私の拝見している限りでは、腕の神経麻痺で一番多いのがこの橈骨神経麻痺(とうこつ神経麻痺)です。

尺骨神経麻痺、正中神経麻痺もときどきみられますが、数は少ないです。まれに、橈骨神経麻痺と正中神経麻痺や尺骨神経麻痺が混在しているケースもみられます。

橈骨神経が障害されやすい場所は2ヶ所あります。橈骨神経は鎖骨の下からわきの下を通り、上腕(いわゆる二の腕)の外側に出てきますが、一つ目はわきの下での圧迫、二つ目は上腕の外側(力こぶの反対側)での圧迫です。特に二の腕の部分は上腕骨に接するように橈骨神経が走行すること、筋肉が薄い部分であるために、上腕骨に橈骨神経が圧迫されやすい状況にあり、一番障害を受けやすい場所です。

この2箇所を強く圧迫するような姿勢を一定時間続けると、気づいたときには腕はしびれ、手首が動かなくなっていた、手首に力がはいらなくなっていた、手がひらかなくなっていたというように発症することが多く、うたた寝などして起きたらなっていたケースが大半です。飲酒をしていて麻痺を発症することが多く、橈骨神経麻痺で当院を受診する方の7割は、飲酒後寝て起きたら麻痺していたというケースです。

普段なにも意識することなく体を動かし、歩いたり、手を動かしたりできるのは体全身に分布する神経が正常に働いてくれているからですが、神経が何らかの原因で障害され、動かなくなったりすると、無意識に体を動かせることがいかにありがたいことであるかと改めて気づかされます。

 

腕に走る3つの神経

腕に走行する神経は、橈骨神経、正中神経、尺骨神経の3つです。

前腕部では、橈骨神経は親指側、尺骨神経は小指側、正中神経は真ん中を走行します。

橈骨神経の麻痺が橈骨神経麻痺、正中神経の麻痺が正中神経麻痺(猿手)、尺側神経の麻痺が尺側神経麻痺(わし手)です。

どの神経も障害される可能性はありますが、橈骨神経は上腕骨の近くを走行がする部分が特に麻痺を起こしやすい部分です。後骨間神経麻痺は肘部分での圧迫により発症します。

 

橈骨神経の圧迫されやすい部位

橈骨神経は、脇下をとおり、上腕骨の橈骨神経溝に沿って上腕骨をらせん状に迂回します。

この部分での圧迫が多いです。

ご案内

身体の痛みやしびれを感じたらまずはお気軽にご相談ください

 

所在地

住 所
東京都文京区千駄木1-22-28ネオハイツ千駄木 1階
電話番号
03-3827-6588

アクセス方法

電車でお越しの方
千代田線 「千駄木」駅から徒歩5分
南北線 「本駒込」駅から徒歩7分
都営三田線 「白山」駅から徒歩10分
車でお越しの方
駐車場
1台分あり

受付時間

営業日日・祝
△ 水曜日は不定休(カレンダーにてご確認ください)
初めての方の最終受付は60分前、2回目以降~30分前となります
午前10:00~13:00
午後15:00~18:00

ご予約状況

Previous Month10月 2019
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading
11月 2019Next Month
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
Loading

ご予約できます

ご予約できる時間があります

ご予約できません

定休日

橈骨神経麻痺・後骨間神経麻痺につきましては、予約状況にかかわらず優先的に予約をお受けできる場合がございます。
現在の状態、程度、経過から判断いたしますので、必ずご本人からお問合せいただけますようお願いいたします。

完全予約制ですので、お電話にてご予約をお願い致します

往診中や繁忙時は留守番電話になっている場合があります。
ご予約の際、簡単に症状をお伺いしますので、なるべくご本人からご連絡お願いいたします。
※メールでのご予約は受け付けておりません。	
私たちが担当いたします
私たちが担当いたします
ご相談ご予約はこちら 03-3827-6588