ハネムーン症候群(橈骨神経麻痺)とは

2017/03/30カテゴリー:撓骨神経麻痺 , 症例コラム


ハネムーン症候群honeymooner’s palsy・ハネムーンシンドロームとは、橈骨神経麻痺の英語名で、サタデーナイト症候群Saturday night palsy)とも呼ばれます。

ハネムーン症候群(橈骨神経麻痺)

ハネムーン症候群は、ハネムーンの夜、男性が女性を腕枕して寝て起きたら・・・手が麻痺していたことからくる英語名。サターデーナイト症候群はなぜ土曜日の夜か?当院に来院される麻痺の方で特に土曜日発症が多いというわけでもありませんが、飲酒がらみの麻痺が多いので、休みの前日に羽目を外して・・・ということだと思います。

現在、橈骨神経麻痺の臨床例は2500以上ありますが、ハネムーン症候群のような圧迫でなったと来院された方にはまだひとりもお目にかかっていません。

なぜか?私の推測ですが、ひとつ目は、腕枕をすると相手の頭で圧迫される部分は腕の内側です。ここには橈骨神経は走行していません。ただ反対側の上腕外側は頭の重みで押されるので、そこを走行する橈骨神経が圧迫されるリスクはあります。しかし、上腕外側はやわらかいベッド面と接しているので麻痺は逃れられる。床の上で寝ていたら、状況は違いますが、ハネムーンで床の上に寝るカップルはいないでしょうから。

橈骨神経麻痺は自分の上腕骨(硬い)と椅子のひじかけ部分や電車のポール、フローリングの床などの硬いものとの間に橈骨神経が挟まれて麻痺を生ずることが多いのです。

推測の二つ目。そもそも日本人はハネムーン症候群になるような腕枕をあまりしない。洋画など観ていますと、男性の腕のなかで寝る女性というシーンはよく見かけますが、日本人はそういう寝方をしない・・という理由かもしれません。

橈骨神経は上腕の外側を走行しています。15分ぐらいの短時間でも発症しますので、上腕外側は圧迫はしないようご注意ください。

ご案内

身体の痛みやしびれを感じたらまずはお気軽にご相談ください

 

所在地

住 所
東京都文京区千駄木1-22-28ネオハイツ千駄木 1階
電話番号
03-3827-6588

アクセス方法

電車でお越しの方
千代田線 「千駄木」駅から徒歩5分
南北線 「本駒込」駅から徒歩7分
都営三田線 「白山」駅から徒歩10分
車でお越しの方
駐車場
1台分あり

受付時間

営業日日・祝
△ 水曜日は不定休(カレンダーにてご確認ください)
初めての方の最終受付は60分前、2回目以降~30分前となります
午前10:00~13:00
午後15:00~18:00

ご予約状況

Previous Month3月 2019
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading
4月 2019Next Month
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
Loading

ご予約できます

ご予約できる時間があります

ご予約できません

定休日

橈骨神経麻痺・後骨間神経麻痺につきましては、予約状況にかかわらず優先的に予約をお受けできる場合がございます。
現在の状態、程度、経過から判断いたしますので、必ずご本人からお問合せいただけますようお願いいたします。

完全予約制ですので、お電話にてご予約をお願い致します

往診中や繁忙時は留守番電話になっている場合があります。
ご予約の際、簡単に症状をお伺いしますので、なるべくご本人からご連絡お願いいたします。
※メールでのご予約は受け付けておりません。	
私たちが担当いたします
私たちが担当いたします
ご相談ご予約はこちら 03-3827-6588