後骨間神経麻痺(こうこつかんしんけいまひ)


後骨間神経麻痺とは

後骨間神経と橈骨神経

橈骨神経麻痺と似た症状に後骨間神経麻痺があります。

後骨間神経とは、もともと本幹である橈骨神経が肘下から分岐し、名前を変えたものが後骨間神経です。国道の246が「青山通り」から「玉川通り」へとその場所によって名前を変えるのと同じようなものです。肘から上までの本幹である橈骨神経は運動神経(手首や指をうごかすという運動に関わる神経)と知覚神経(ものを触ったときなどに感じるという感覚に関わる神経)の2種類の神経が束になったものが橈骨神経です。

橈骨神経麻痺はこのふたつの神経が束になっていますので、圧迫などで麻痺を起こすと、運動神経と知覚神経の両方が障害を受けます。手首が動かしにくくなったり、しびれを感じたり、運動神経の障害と知覚神経の障害を同時に生じるのが橈骨神経麻痺です。

一方、後骨間神経麻痺は肘で分岐したあとの運動神経のみが障害を受けるため、動かせないという障害は起きますが、しびれなどの知覚の問題がないことが多く、手首は上げられる(伸展)、しかし、指を伸ばすことができない(伸展)ときに後骨間神経麻痺と診断されることが多いようです。

下の図をご覧ください。回外筋という筋肉の入り口の部分をFrohse arcade(フローセアーケード)と呼びますが、要するに回外筋という筋肉で作られたトンネルのようなものです。橈骨神経は橈骨神経深枝(運動神経)と橈骨神経浅枝(知覚神経)の2つに分岐したあとの橈骨神経深枝(運動神経)だけがこのトンネルを通ります。ここでは名前が変わり、橈骨神経深枝(運動神経)=後骨間神経です。

このトンネルの入り口が圧迫を受けやすい箇所なのですが、ここを通るのは橈骨神経深枝(運動神経)=後骨間神経だけです。そのため、トンネルを通らない橈骨神経浅枝(知覚神経)は障害を免れ、運動神経だけ障害されるのが後骨間神経麻痺とされます。

後骨間神経麻痺

しかし、実際の臨床の現場では、典型的な後骨間麻痺ももちろんありますが、一部橈骨神経麻痺の所見、一部後骨間神経麻痺の所見など混在しているケースもかなりあります。

もともとは同じ神経なのですから、それぞれに違う病名はついていますが、あまりきちっと区別して考えてしまうとうまくいきません。治療経過のなかで症状が変化していくこともあります。最初は橈骨神経麻痺の症状なのですが、途中から後骨間神経麻痺の症状が顕著になってくることもありますので、臨機応変に対応していく必要があると思います。とりあえず、手首をあげることはできるが、特に指を伸ばすことができないもので、しびれなどの知覚異常は少ないものを後骨間神経麻痺とざっくり理解しておけばいいと思います。

 

難治性のものが多い後骨間神経麻痺

後骨間神経麻痺の予後は良好と書かれているHPなどを見かけますが、私のいままでの経験では、一部難治性の後骨間神経麻痺があり、この場合、治療していくのはかなり大変です。橈骨神経麻痺はその麻痺の程度の差はさまざまですが、手首を上げられない、しびれや感覚鈍磨、握力低下などの症状が共通項からあまりはずれているものはありませんし、治療に要するおおまかな予測も可能です。

一方、後骨間神経麻痺は、順調に回復しないものもあり、なかなか治療に苦労させられるのが後骨間神経麻痺です。治療期間も患者さまによってさまざまであり、平均がとれにくいため、治療にかかる期間の予想も困難です。

(こうこつかん)神経麻痺と橈骨(とうこつ)神経麻痺の違い

前腕(手首の上)と手首との角度をよく見ていただきたいのですが、橈骨神経麻痺(下の写真)では手首を上にあげることも、指を上げる(伸ばす)ことも両方できません。前腕に対して手首が垂れているのがわかると思います(下垂手)

後骨間神経麻痺

撓骨神経麻痺(下垂手)

後骨間神経麻痺

後骨神経麻痺(下垂指)

それに対し、後骨間神経麻痺(上の写真)では前腕と手首が水平になっているのがわかると思います。後骨間神経麻痺の症状は、手首を上げることはできるのですが、指を上げる(伸ばす)ことができません(下垂指)

下の動画は後骨間神経麻痺の患者さんです。後骨間神経麻痺ですので、手首を上がることはできるのですが、指を伸ばすことができません。手首の角度が上がるほど、指が閉じてしまいます。ここが橈骨神経麻痺との決定的な違いです

後骨間神経麻痺 その1 正面から 千駄木治療院
詳しくは→

下の動画は橈骨神経麻痺と後骨間神経麻痺併発の動画です。

後骨間神経麻痺の症例(25歳 女性) その3
後骨間神経麻痺の治療はこちら→

後骨間神経麻痺の典型的な症状は指を伸ばせないという症状です。手首を返すことはできても、指を伸ばすことができません。グー握った状態でもパーに開いた状態でも手首を返すことはできるのが後骨間神経麻痺の一般的な症状です。

上の動画ではグーで手首を上げることはでき、ここから指を伸ばすことができないのは典型的な後骨間神経麻痺の所見なのですが、パーに開いてもらうと今度は手首を上げることができません。これは橈骨神経麻痺の所見です。本来の後骨間神経麻痺であれば、パーに開いても手首をあげることができるのが後骨間神経麻痺の典型的な所見です。

このように橈骨神経麻痺と後骨間神経麻痺が混在しているケースもありますので、あまりきちんと区別して考える必要はありません。ご自分の症状とぴったり合う場合もあるでしょうし、一部当てはまらないケースも出てくるかと思います。そのあたりは臨機応変に対応していく必要があると思います。

後骨間神経麻痺の治療は、橈骨神経麻痺に比べると難しいものが多く、治療期間も長くかかるものが多いです。橈骨神経麻痺に比べますと、治りにくいものが多いと思います。

 

後骨間(こうこつかん)神経麻痺発症の原因

橈骨神経麻痺を発症された方に問診をしてみますと、飲酒後、椅子でうたた寝をしてしまった、フローリングの上でそのまま寝てしまったなど患者さん自身にたぶんあの時になったんだという覚えやそのきっかけがあるものが多いのですが、一方、後骨間神経麻痺を発症した患者さんは、いつなったのかはっきりしない、わからないということがとても多いです。

さらによく話を伺ってみると、発症前に痛みがあったり、、それもかなりの激痛で、首や肩、二の腕などに痛みが出て、それからしばらくして手の動きがだんだん悪くなったというように発症の決定的な瞬間がないものが多いという共通点がよく見られます。

後骨間神経麻痺

後骨間神経麻痺の患者さんは手首甲の部分にガングリオン(中にゼリー状の物質の詰まった腫瘤)のような出っ張りがあることも多いです。

 

後骨間(こうこつかん)神経麻痺の予後

橈骨神経麻痺に比べると治りにくく、治療期間も長期にわたるものがあります。完全には治りきらず、指を完全には伸ばせないなどの後遺症が残る場合もあります

いつともなく発症することも多いので、来院された時点で発症から時間がたっていることも多いです。ご自分が後骨間神経麻痺に当てはまるようでしたら、すぐに治療を開始されることをお勧めします。

 

後骨間(こうこつかん)神経麻痺の治療

後骨間神経麻痺には一部難治性のものがあります。橈骨神経麻痺のように基本治るものであれば、見通しをある程度お伝えできるのですが、後骨間神経麻痺は治るものと完全には治らないものも、治療に時間を要するものが一部ありますので、慎重にその程度、治り具合を見極めていかねばなりません。

治療をすれば、治療前と治療直後の状態は、それなりの改善が見られるのもののほうが多いです。しかし、橈骨神経麻痺のようにだんだんと着実に改善していかないものが多いのも事実です。治療を続けても、停滞する時期があったりしますので、患者さんの側も辛抱強く治療を続ける意思がないと治療が続かない方もいらっしゃいます。

現在の状態、今後の目標など今までの経験上わかることはすべてアドバイスしますので、お互いが辛抱強く、根気をもって治していかなければならないのが後骨間神経麻痺の治療です。

 

関連ページ

診察のご案内

後骨間神経麻痺(こうこつかんしんけいまひ)のことなら当院へご相談ください

 

所在地

住 所
東京都文京区千駄木1-22-28ネオハイツ千駄木 1階
電話番号
03-3827-6588

アクセス方法

電車でお越しの方
千代田線 「千駄木」駅から徒歩5分
南北線 「本駒込」駅から徒歩7分
都営三田線 「白山」駅から徒歩10分
車でお越しの方
駐車場
1台分あり

診療時間

診察日日・祝
△ 水曜日は不定休(カレンダーにてご確認ください)
最終受付は、初診が60分前、再診が30分前となります
午前10:00~13:00
午後15:00~18:00

ご予約状況

Previous Month12月 2017
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading
1月 2018Next Month
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading

ご予約できます

ご予約できる時間があります

ご予約できません

休診日

完全予約制ですので、お電話にてご予約をお願い致します

往診中や繁忙時は留守番電話になっている場合があります。
ご予約の際、簡単に症状をお伺いしますので、なるべくご本人からご連絡お願いいたします。
※メールでのご予約は受け付けておりません。	
私たちが担当いたします
私たちが担当いたします
ご相談ご予約はこちら 03-3827-6588