寝違え・首の痛み


寝違え(寝違い)とは

寝違え(寝違い)

朝起きたら首が痛くて回らなくなっていたという経験は誰にでも1度や2度あることと思います。

寝違えの多くは起床時に発症し、夜寝るまではなんともなかったのに朝起きたら急に首~肩が痛かったというように発症します。前日までなんともなかった方と、そういえば、ここ最近肩や首のはりが気になっていたいう方がいらっしゃり、後者の方が、一般的に症状が重く、治療に時間がかかります。

寝違えは、病名ではありません。首~肩のとっぜんの痛み症状のことを寝違え(寝違い)と呼ぶ通称です。

変な格好で寝て一時的に首の筋肉を痛めたものであれば、2、3日で自然に治ります。ごくたまに寝違えるというのは誰にでもあることで、自然に痛みがとれるのであれば、あえて治療することもありません。

しかし、頻繁に寝違える、痛みもなかなかとれない、こういうケースでは寝違える原因が必ずあります。起こるべきして起こっているわけですから、その原因を取り除いていく必要があります。

治療して寝違えない正常な状態に戻してあげるないと、またすぐに寝違える→少しよくなる→また寝違える・・の繰り返しになりますし、だんだんとひどい痛みになって現れます。慢性かつ複雑化した寝違えはそれだけ治療期間がかかります。

重症の寝違えになると首を回すことはおろか自分の首を支えていられないほどの痛みが出ます。痛みが非常に強く、座っていることも困難な場合はとりあえず、痛み止めなどを服用し、安静を保ち、痛みがある程度引いてから治療を始めたほうが安全です。

 

寝違え(寝違い)とりあえずの対処法

お風呂は入らないようにしてください。まず冷やすが基本です

寝違え起こした直後は筋肉が炎症を起こしています。この炎症を鎮めるために冷やすことが大切です。シップなどは体温ですぐ温かくなってしまい、効果が限定的です。

氷で冷やすと効果的です。氷で感覚が鈍くなるぐらいまで冷やしたら、感覚が戻るまで休みます。感覚が戻ったら、また冷やすの繰り返しを3回ぐらい行います。必要に応じて痛み止めなどを服用します。

あとは楽な状態で安静を保ちます。横になるときは、首に負担がかからないように横向きに寝ます。

まず横向きで寝て枕に頭をつけます。それから仰向けになると、首への負担が少なく、痛みも出にくいです。仰向けがつらければ、自分が一番楽だと思える姿勢を探し、安静を保ちます。

寝違え_首に負担がかからないように横向きに寝ます

寝違え_枕に頭をつけてから仰向けになると、首への負担が少なく、痛みも出にくいです

 

寝違え直後のマッサージは避けたほうが無難です

痛みが強いときの患部へのマッサージは、炎症をさらに広げる可能性があり、避けたほうが無難です。痛みが強いときはなるべく患部から離れている部分、腰や背中などから治療を始め、痛みのある部分への負担を減らします。腰?背中?と思われるかもしれませんが、人間の体というのはいろいろなつながりがあります。首も独立してあるのではなく、脊柱起立筋などの筋肉的なつながりや体幹のバランスの上に首が乗っかっています。背中から下のバランスや筋肉の緊張を緩めてあげると、うまくいけば、首の痛みもある程度は軽減することも多いです。

炎症をこれ以上広げないよう痛い部分(局所)への治療をなるべく避けながら痛みの軽減を目指します。ある程度痛みが落ち着いた段階で首への治療を始めたほうが安全です。

ある程度痛みがとれてきた段階でのマッサージは有効な場合が多いです。

 

痛みが出る方向へは動かさないように

痛みが出る方向への動きは極力避けて生活してください。振り向くときは体幹ごと動かすようにして、首への負担を減らします。

 

寝違え(寝違い)の症状

寝違えの症状は、肩~首にかけての痛み、筋肉の強いこわばり感などで、動かすと痛みを伴いますので、首の動きが制限されることがほとんどです。

左右の片方どちらかに痛みが出ることのほうが多いですが、重症のものは、両方痛かったり、広い範囲に痛みが出てますが、手の痛みやしびれなどはないのが普通です。腕の痛みや手のしびれを伴う場合は、頚椎のヘルニアの場合もありますので、注意が必要です。

寝違え初期の強い痛みは、筋肉の過緊張と炎症によって起きていることがほとんどで、痛め方よって、首の動きが制限される方向が違います。
右に向くと痛い、前に倒せない、後ろに倒せないなどその症状により制限される方向も様々です。重症の寝違えはどの方向にもほとんど首が動かせない状態になります。

まれにですが、寝違えとともに、のどの前のほうに痛みが響いてしまい、痛くて唾を飲み込めない、深呼吸をすると痛くて息が充分吸えないというような状態になることもあります。

軽度の頚部椎間板ヘルニアでも似たような症状が出る場合がありますが、ここではヘルニアを伴わない、いわゆる寝違えの解説です。

 

寝違え(寝違い)の原因

寝違えの原因ですが、 首にむりな姿勢で寝たために一時的に首の筋肉を痛めたものから普段から首に負担がかかるような歪みや姿勢の問題があり、限界を超えて痛みが出たものまで様々です。

頻繁に寝違えるような方は頚椎だけの問題ではなく、体全体のバランスにも問題がある場合が多く見られます。いつも同じ側を寝違えるという方が多いのではないでしょうか。これは体のバランスに偏りがあるため、いつも同じ部分にストレスがかかっている場合によくあることです。

そういう方は、普段から背中や肩のはり感が強い、首が回りにくいなどの状態があったはずなのですが、そういう状態が続くと、なんとなくそれが当たり前になってそのことに慣れてしまうものです。本人が自覚しないうちに状態は日に日に悪くなっていきます。

しかし、負担がかかっているという状態には変わりはありません。日々の負荷が知らず知らずのうちに積み重なり、限界に達した時、ある日突然発症するというパターンがほとんどです。ちょうどぎっくり腰を起こすときの発症のパターンによく似ています。慢性化した状態から発症するのに、さらにに大きな負担やきっかけは必要ありません。朝起きたら痛かった、後ろの振り向いたら痛くなったなどちょっとしことが引き金で強い痛みが出ます。

首はとてもデリケートな場所ですので、痛みが強い時は非常につらいものです。初回の治療はなるべく遠隔から始めます。腰や骨盤のバランス、背中の筋肉などの治療だけでもある程度楽になります。痛みがある程度引いた時点で首への治療を進めていきます。

 

寝違え(寝違い)の治療

寝違え(寝違い)の治療の治療方針

痛みが出た直後の筋肉は緊張状態にあり、炎症をおこしています。少し熱っぽく感じる時もあります。首の筋肉は硬く張ったような状態になっていますので、筋肉の異常な緊張をとってあげることが最初の段階です。過度の筋緊張が緩むと痛みはかなり軽減します。

痛みの程度によっては首への治療を最初から行わないほうがいい場合もあります。患者様の状態によってどう治療を進めたら一番いいか、どの手順で進めるかは当然変わってくるのですが、当院ではなるべく首の痛みとの関連がありそうな腰部や背部などの局所から遠い部分から治療を始めるようにしています。ある程度炎症や痛みが減ってきた段階で痛い部分への治療に入ったほうが安全だからです。

体の屋台骨は腰、骨盤です。その上に背中が乗り、その上に、肩が、さらにその上には首が乗っかっているというのが基本的な構造です。土台である骨盤や腰椎に問題があると、それはやがて背中の問題になり、また肩や首の問題にも波及します。さまざまな問題の蓄積や関連性の延長上に現在の首の痛み(寝違え)があるわけですから、体全体のバランス、関連性を考えながら治療したほうが効果が出ますし、長い目で考えて予防にもつながります。

首が痛いと首が悪いと考えがちです。確かに首も悪いのですが、体を全体的な視点から診るなかで局所的な問題を解決していくように治療していくことが基本的な方針です。

治療は筋肉の過緊張を緩めてあげること、体全体のバランス的な問題を解消してあげることの二本立てです。いわゆる骨をボキッとするような治療はしませんので、安心してお越しください。

 

寝違え(寝違い)の治療の注意点

寝違えた直後の筋肉は炎症を起こしています。初期の段階で患部へマッサージを行うと血行が促進され、炎症を拡大させる恐れがあります。

筋肉の異常緊張を緩めてあげることは必要ですが、痛む部分への治療は必要最低限の処置にとどめ、腰~背中などの遠隔部分から治療を始める、はりなどを併用し、炎症を拡大させずに、筋緊張を緩める方法をとることが、寝違い直後の治療においては大切なポイントです。

痛みが強いときの最初の数回は慎重に治療を進めます。炎症をさらに広げないようにどう痛みを緩和させるかが治療技術だと思います。ある程度痛みが引いてきた段階での患部へのマッサージは有効です。

 

寝違え(寝違い)の治療期間

寝違えといってもその程度は人それぞれです。単純な寝違えならそれほど時間はかかりませんが、頻繁に寝違える、以前から肩や首のはり、痛みがあり、なんとなくやり過ごしているうちに痛みが強くなったなどのケースではそれまでの蓄積の上に今回の寝違えがあります。なるべくしてなった寝違えと言えるでしょう。こういう場合は、それなりに時間をいただかなければなりません。

痛みが強く首を全く動かせない、首をどちらかに回したとき、同側に痛みが出る(右に首を回すと右首が痛む)ものは治すのに時間がかかり、反対側に痛みが出る(右に回したときに左側が痛む)ものは治しやすいものが多いです。

初回の治療で3割~うまくいけば半分ぐらいの痛みにすることが目標です。  

診察のご案内

寝違え・首の痛みのことなら当院へご相談ください

 

所在地

住 所
東京都文京区千駄木1-22-28ネオハイツ千駄木 1階
電話番号
03-3827-6588

アクセス方法

電車でお越しの方
千代田線 「千駄木」駅から徒歩5分
南北線 「本駒込」駅から徒歩7分
都営三田線 「白山」駅から徒歩10分
車でお越しの方
駐車場
1台分あり

診療時間

診察日日・祝
△ 水曜日は不定休(カレンダーにてご確認ください)
最終受付は、初診が60分前、再診が30分前となります
午前10:00~13:00
午後15:00~18:00

ご予約状況

Previous Month10月 2017
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading
11月 2017Next Month
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
Loading

ご予約できます

ご予約できる時間があります

ご予約できません

休診日

完全予約制ですので、お電話にてご予約をお願い致します

往診中や繁忙時は留守番電話になっている場合があります。
ご予約の際、簡単に症状をお伺いしますので、なるべくご本人からご連絡お願いいたします。
※メールでのご予約は受け付けておりません。	
私たちが担当いたします
私たちが担当いたします
ご相談ご予約はこちら 03-3827-6588