どうして握力が低下するのか?

2019/06/05カテゴリー:撓骨神経麻痺 , 症例コラム


「握力」って握る力だと思いませんか?「握る力」であれば、「握る」働きをする作用は正中神経支配。なのに(伸展)の働きをする橈骨神経麻痺でどうして握力が低下するの??と思われる方もいらっしゃるかと思います。
その答えは均衡にあります。ご自分の手を思いっきり握ってみるとわかりますが、まっすぐの位置で止まるはずです。

この位置で止まること、すなわち図のように曲げる力、伸ばす力の均衡がとれたところ=正中神経と橈骨神経の力が釣り合ったところで初めて力が入るということになります。

「握力」とは握る力だけではないんですね。


綱引きを想像するとわかりやすいと思います。どちらが一方的に強いと勝負になりません。そうです。両チームお互いの引く力が釣り合ったときに力が入るのです。
イラストをご覧ください。伸ばす力が橈骨神経、曲げる力が正中神経ですので、正常な正中神経が一方的に強い状態で引きずられてしまいます。こういう状態では握力はでないということになります。

橈骨神経が回復してくると、伸ばす力(伸展)が戻ってきますので、伸ばす力と曲げる力が釣り合うようになってきます。そうなると握力が回復してきます。

ご案内

身体の痛みやしびれを感じたらまずはお気軽にご相談ください

 

所在地

住 所
東京都文京区千駄木1-22-28ネオハイツ千駄木 1階
電話番号
03-3827-6588

アクセス方法

電車でお越しの方
千代田線 「千駄木」駅から徒歩5分
南北線 「本駒込」駅から徒歩7分
都営三田線 「白山」駅から徒歩10分
車でお越しの方
駐車場
1台分あり

受付時間

営業日日・祝
△ 水曜日は不定休(カレンダーにてご確認ください)
初めての方の最終受付は60分前、2回目以降~30分前となります
午前10:00~13:00
午後15:00~18:00

ご予約状況

Previous Month10月 2019
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading
11月 2019Next Month
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
Loading

ご予約できます

ご予約できる時間があります

ご予約できません

定休日

橈骨神経麻痺・後骨間神経麻痺につきましては、予約状況にかかわらず優先的に予約をお受けできる場合がございます。
現在の状態、程度、経過から判断いたしますので、必ずご本人からお問合せいただけますようお願いいたします。

完全予約制ですので、お電話にてご予約をお願い致します

往診中や繁忙時は留守番電話になっている場合があります。
ご予約の際、簡単に症状をお伺いしますので、なるべくご本人からご連絡お願いいたします。
※メールでのご予約は受け付けておりません。	
私たちが担当いたします
私たちが担当いたします
ご相談ご予約はこちら 03-3827-6588