橈骨神経麻痺と上腕三頭筋麻痺の併発

2018/06/25カテゴリー:撓骨神経麻痺 , 症例コラム


橈骨神経は腕に走行する神経で、伸展(伸ばす)という動きを支配しています。この神経が麻痺するということは、理屈的にはこの神経が支配しているすべての神経は麻痺する可能性があるということなのですが、特に麻痺を起こしやすい部分が手首の伸展筋=橈骨神経麻痺です。

よくある症例ではありませんが、橈骨神経麻痺と同時に上腕三頭筋の麻痺を併発してしまうケースが稀にあります。上腕三頭筋も同じ橈骨神経の支配を受ける神経だからです。

なぜ同じ神経支配を受けていて「なぜ手首の伸展筋がなりやすいのか?」わたしはもともとの筋肉の強さと関係しているのではと考えています。

上腕三頭筋は、手首の伸展筋(手首を上にあげる筋肉)に比べますと、比較的強い筋肉です。筋肉にも強い力を発揮できる筋肉とそうでない筋肉があります。手首を上に上げる動きと肘を伸ばす動きを比べてみれば、肘を伸ばす動きのほうが力強く動くのがわかると思います。

椎間板ヘルニアで下垂足の症状が出ることがあります。これは足首を持ち上げる伸展筋ですが、足にはほかにもいつくもの伸展筋があります。そのなかで「どうして足関節に多いのか?」これももともとの筋肉の強さと関連しているのではと考えています。

上腕三頭筋単独での麻痺はいままで2例だけですが、橈骨神経麻痺と併発されたケースで年に数例ほど来院されます。

下の動画をご覧ください。上腕三頭筋は肘関節を伸展(伸ばす)働きをする筋肉ですので、麻痺してしまうと、肘を伸ばして保持していることができません。肘が曲がって落ちてしまうのは、上腕三頭筋の麻痺を意味します。

上腕三頭筋の麻痺

2箇所が同時に麻痺してしまうと、その驚きも大きいものだとは思います。臨床数が多くないので、はっきりは言えませんが、いままで拝見してきた経験では、上腕三頭筋の麻痺は比較的治りやすい麻痺だと思っています。治療経過を見ていくと、最初に三頭筋の麻痺が治り、次に手首の伸展筋の麻痺が治っていくケースが多いです。

診察のご案内

身体の痛みやしびれを感じたらまずはお気軽にご相談ください

 

所在地

住 所
東京都文京区千駄木1-22-28ネオハイツ千駄木 1階
電話番号
03-3827-6588

アクセス方法

電車でお越しの方
千代田線 「千駄木」駅から徒歩5分
南北線 「本駒込」駅から徒歩7分
都営三田線 「白山」駅から徒歩10分
車でお越しの方
駐車場
1台分あり

診療時間

診察日日・祝
△ 水曜日は不定休(カレンダーにてご確認ください)
最終受付は、初診が60分前、再診が30分前となります
午前10:00~13:00
午後15:00~18:00

ご予約状況

Previous Month10月 2018
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading
11月 2018Next Month
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
Loading

ご予約できます

ご予約できる時間があります

ご予約できません

休診日

橈骨神経麻痺・後骨間神経麻痺につきましては、予約状況にかかわらず優先的に予約をお受けできる場合がございます。
現在の状態、程度、経過から判断いたしますので、必ずご本人からお問合せいただけますようお願いいたします。

完全予約制ですので、お電話にてご予約をお願い致します

往診中や繁忙時は留守番電話になっている場合があります。
ご予約の際、簡単に症状をお伺いしますので、なるべくご本人からご連絡お願いいたします。
※メールでのご予約は受け付けておりません。	
私たちが担当いたします
私たちが担当いたします
ご相談ご予約はこちら 03-3827-6588